2019年12月29日(日)礼拝説教要録
救いの歴史を導かれる神
  マタイによる福音書2章13〜23節
 クリスマス礼拝において私たちは神がその独り子をお与えくださったほどに私たちを愛
してくださったこと、救い主として独り子が「人々に仕えるため、多くの人の贖いのため
に十字架上に命を献げるために」お生まれなったことを、神に感謝し、喜び祝いました。
 伝承によれば羊飼いのメシア礼拝の後、1月6日に3人の東方の占星術の学者がメシアの
もとに礼拝に来たと言われています。このためクリスマスは1月6日まで祝われます。
 今日の聖書の箇所はその後の事であります。学者と会ったへロデ王は「その子の事を詳
しく調べて知らせてくれ、私も拝みに行く」と言いましたが、実は自分の王権を脅かすも
のが誕生したと考え、その子を殺してしまおうと思っていたのです。神はそのため学者た
ちに夢で「へロデの所に寄らず、別の道を通って帰るよう」示されたので、へロデの所に
は寄りませんでした。また、ヨセフにも夢で「エジプトへ逃れるように」と示されたので,
幼子を連れて急いでエジプトへ逃れていきました。ヘロデは学者たちに騙されたと知って
大いに怒り、兵隊を送ってべツレヘムの2歳以下の子供を一人残らず殺させたのでした。
 真に悲惨な出来事であります。マタイは人間の歴史には神の救いの歴史を人間の自己保
身の罪や狂気で阻止しようとしたり、抵抗したりする現実のあることを伝えています。し
かし、また、神はこのような人間の罪からくる神の救いの歴史を阻止しようとする力があ
ったとしても、その救いの歴史を導き、支え、力強く進められることをも伝えています
 私たち自身の時代の中にも同じような人間の罪が神の救いの歴史とそれを担う人々を滅
ぼそうとする出来事があります。アフガニスタンでクリスチャンドクターとして働き、地
元の人々の生活改善事業としての潅漑事業を進めておられた中村哲医師の暗殺事件があり
ました。まことに悲しい出来事でありました。しかし、それでもなお、マタイはこのよう
な人間の自分中心な生き方から生まれる救いの歴史を亡き者にしようとの働きがあっても、
神は恵みの力強いみ手をもって、神の救いの歴史を推し進めてくださると告げているので
す。主イエスは「私に従いたいと思うものは自分を捨て、自分の十字架を背追って私に従
いなさい。自分の命を救いたいと思う者はそれを失い、私のため、福音のため命を失う者
はそれを得る」と教えられたことは、神の救いの歴史を担う者の在り方について深い仕方
で教えておられるのです。
 カトリックのことわざに「殉教者の血が流されたところには教会が建つ」と言われてい
ます。神の救いの歴史は殉教者の血が流されることがあっても、そのことをも用いて進め
られるのです。私たちも困難な時代の中にありますが、神様がその救いの歴史を、今も、
私たちと共に進めて下さっているという信仰を確かなものとして歩んでまいりましょう。
                         村田 元 牧師 礼拝内容のページに戻る>
inserted by FC2 system